活動報告(1/5)春芽アスパラガスの出荷が始まりました。
 当JAアスパラガス部会では、1月5日から2021年産春芽アスパラガスの出荷が始まりました。今年産も、生産者の栽培管理の徹底で良好な仕上がりとなっています。
 2LやLを中心に関西や福岡県内市場に出荷しました。
 春芽アスパラガスは、幹が太く柔らかく、甘味が強いのが特徴です。
 2020年産は、豪雨による浸水被害、台風災害と昨年に引き続き被災しました。また、長梅雨による日照不足。そして新型コロナウイルスという今までにない影響により、前年を下回る実績となりました。
 部会員101人、栽培面積26f、生産面積の維持と生産性・品質の向上を図り、安全安心なアスパラガスをより多くの消費者に届けるため栽培管理を行います。
Date: 2021/01/05


活動報告(12/18)アスパラガス部会で若手生産者を対象に勉強会を開きました。
 当JAアスパラガス部会では、12月18日、就農5年未満のアスパラガス生産者を対象に勉強会を開き、20人程が参加しました。
 肥料の製造・販売や土壌分析の事業を行っている株式会社生科研より土作りの大切さを生産者へ伝えました。
 作物の健全な生育には、バランスのとれた土づくりが必要で、適度な肥料濃度と栄養バランスが重要となります。
また、肥料だけでなく、酸素の補給も重要となり、土中の酸素は樹全体へ影響するため、透水性、通気性、保水性のある団粒構造を維持することで根の張りやすい柔らかな土づくりを行うよう周知しました。
 1月からの春芽の収穫に向けて、安全安心なアスパラガス栽培を行います。
 
Date: 2020/12/18


活動報告(12/16)NHK「ロクいち!福岡」で博多あまおうをPRしました。
 当JAいちご部会は12月16日、NHK総合テレビ番組「ロクいち!福岡」の収録が行われ、「博多あまおう」の出荷が最盛期を迎えたことを視聴者にPRしました。
 収録は渋田博美部会長のいちごハウス施設と城島集荷場で行われました。
 渋田部会長のいちごハウスにて収穫からパック詰め作業の様子を撮影し、城島集荷場では出荷作業が撮影されました。
 同部会は、県内2位の販売実績を誇っており、東京や県内を中心に出荷を行っています。昨年は販売金額41億2000万円を達成し、今年は昨年を上回る販売金額を目指しています。
 渋田部会長は「豪雨被害もあったが、生産者同士の協力で例年並みの出荷量となりました。皆様に喜ばれる高品質なあまおうをより多くの消費者へ届けたい」と話しました。
Date: 2020/12/16


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromukuNEWS version 4.00