活動報告(6/30)学童農園で田植えを行いました。
 当JA管内では6月中旬から6月下旬まで大川地区4校、城島地区4校、大木地区3校の11の小学校で学童農園の田植えが行われました。子供たちは興味津々と田植えの説明を真剣に聞き入っていました。田んぼに入ると泥に足を取られ思うように動けませんでしたが、慣れてくると手際よく苗を植えていました。足元の泥を手でならし、苗を3、4本取り植えていきます。各地区のJA青年部員と青年部担当職員が指導・補助を行いました。
Date: 2021/06/30


活動報告(6/19)丈夫な箱苗配布を行いました。
当JAは6月19日から3日間、JA本店と大川支店で水稲箱苗の受け渡しを行いました。品種は「ヒノヒカリ」「ツクシホマレ」「つやおとめ」の3品種で約12800箱。播種は、5月22日から3日間で行い、受け渡しまで健全な苗づくりのため水管理を徹底しました。生育状況は非常に良好です。JA管内では、6月19日から一斉に田植えが始まりました。受け渡した苗も、すぐに田に植えられ、収穫に向け大事に育てられます。今後は安全・安心なお米が収穫出来るよう栽培管理を徹底し、品質向上に努めます。
Date: 2021/06/19


活動報告(5/24)共同育苗播種作業を行いました。
 当JAは5月22日から3日間、JA職員が、水稲の播種作業を行った。高齢化対策に伴う生産者の農作業軽減が目的です。今年度は、「ヒノヒカリ」「ツクシホマレ」「つやおとめ」合計で1万2800箱。
 大豆施設では、播種(はしゅ)プラントに土、水、発芽した種もみの順序で入れ、最後に薄く土をかぶせる作業をしました。できた苗箱はトラックで運び、本店に新しく増設した育苗施設と大川支店の駐車場に敷き詰めました。
 箱苗の受け渡しは6月19日から予定しています。箱苗の受け渡しまで育苗の水管理を徹底します。
Date: 2021/05/24


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromukuNEWS version 4.00